美容整形SNS「Meily」のオウンドメディアです。美容整形を体験した方々との座談会記事やMeilyの中で発信されている施術レポートやためになる情報をまとめています。

秘密堂さんの二重全切開・目尻切開・タレ目形成体験談 – ジュエリー美容整形外科 –

秘密堂さんの二重全切開・目尻切開・タレ目形成体験談 - ジュエリー美容整形外科 -
韓国のジュエリー美容整形外科で二重全切開・目尻切開・タレ目形成をされた秘密堂さんからの寄稿レポートです。
ご協力いただいた秘密堂さん、本当にありがとうございます!

 

ジュエリー美容整形外科 二重全切開・目尻切開・タレ目形成レポート
名前

秘密堂

職業

大学生

手術名

二重全切開(片目)・目尻切開・タレ目形成

病院名

ジュエリー美容外科

担当医

ウォン・チャンフン先生

手術日

2017年7月28日

ほかに迷った、カウンセリングに行った病院名 / この病院に決めた理由

韓国でやるとなった時から目はジュエリーと決めていました。ただ韓国でやると決まる前はリッツとプリモで迷っていました💦
ジュエリーにしたのは、twitterで実際にジュエリーでやった方々の症例を見て、とても気に入ったからです。大きな変化を求めてジュエリーにしました。

病院の雰囲気

清潔感があり、ジュエリーの患者対応はとても良かったです。通訳の方が日本語が上手でとても良い人でした。カウンセラーの方も美人で、的確に必要な施術等をアドバイスしてくださいます。

費用

手術費用→38万2000円(円で現地支払い)
タックスリファンドで280000ウォン戻ってきました
薬代→50000ウォン程度
飛行機代→約4万円
宿泊費→2泊3日で135000ウォン

手術前の問題点

・前回日本のクリニックで幅広にしてしまった二重(切開)
・二重の食い込みがとても強い、ソーセージ目
・つり目

理想の姿

幅狭な末広二重

術前検査

してないです

手術中

手術は11時半ごろから始まったのですが、睡眠麻酔の威力がすごくて始まってすぐ寝てしまいました。二重のデザインを確認するために一度起こされたあとに、また睡眠麻酔を打たれ再び爆睡。次に起きた時はもう休憩室のベッドの上でした。13時半くらい。

口を開けて寝てたっぽく、起きたら喉がカラカラでした。
施術時間の4時間前から飲食してはいけなかったため、施術前はすごくお腹が空いていたのですが終わったあとは眠すぎてそれどころじゃありませんでした。

そして鏡を見て、タレ目になってることを強く実感いたしました。ですが目尻切開の効果は正直あまりわかりませんでした😭
これほんとに目尻切ってくれた?!でもとりあえずタレ目だ!✨って感じでした。目の周りの内出血がひどかったです。でも日本で二重全切開をしたときより腫れは少ないです!(幅狭二重を希望したからかもしれませんが)

まだ施術から間もないので最終的な仕上がりがわからないですけど、ジュエリーの患者対応はとても良かったです。通訳のちえさんが日本語が上手でとても良い人でした。わたしが泊まるホテルの最寄駅がわからないと言ったら電話して調べてくださったり、薬局までついてきてくださったり、付きっ切りでいてくださいました。

術後すぐ

痛みは特になく、腫れも前回日本で切開したときより少なく感じました。ただ目の周りの内出血がすごかったです。
宿泊先へは電車を使って帰りました。

アフターケア

病院では特になし。綿棒、パック、コットン、アイスノンが入ったアフターケアセットを頂きます。また、薬局で炎症止め等の飲み薬と塗り薬を頂きます。

抜糸

施術1週間後です。
私は日本に帰国してしまったため、ジュエリーの抜糸事情はよくわからないです、すみません💦

その他韓国と日本の価値観の違いで生じたトラブルなど

特にないです。むしろ局所麻酔ではなく睡眠麻酔で施術していただけて良かったです。

職場や学校への復帰は何日からしたか

16日目からの予定です

経過

現在施術から4日後のためあまり詳しいことが書けず、申し訳ありません(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)
術後の腫れは思ってたより少ないです!

手術後、現在の問題点や気になっている点

特にないです。

整形を終えて、全体を通しての感想

ジュエリーといえばがっつり整形目ってイメージがあったのですが、そうでもないような気がします。目頭切開してないからですかね?切った直後でもわりと自然な気がするので、腫れが引いたらもっと自然になるんだろうなあと思っています。
今回思いきって韓国でやって本当に良かったです。二重の幅は狭くしてもらえたし、ずっとコンプレックスだったつり目もたれ目にしていただけました。それで日本の値段より何倍も安い。もう日本で大きな整形をすることはないんじゃないかな…と思います。

この記事を書いた人