美容整形SNS「Meily」のオウンドメディアです。美容整形を体験した方々との座談会記事やMeilyの中で発信されている施術レポートやためになる情報をまとめています。

中顔面ブス子さんの鼻手術(鼻中核延長・ゴアテックス・寄贈軟骨移植)体験談 – バウム整形外科 –

韓国のバウム整形外科で鼻中核延長・ゴアテックス・寄贈軟骨移植をされた中顔面ブス子さんからの寄稿レポートです。
ご協力いただいた中顔面ブス子さん、本当にありがとうございます!

 

バウム整形外科 鼻手術レポート
名前

中顔面ブス子

職業

風俗業

手術名

鼻中核延長、ゴアテックス、寄贈軟骨移植

病院名

バウム整形外科

担当医

パククァンミン院長

Before / After

【バウム】鼻♡中顔面ブス子さん
【バウム】鼻♡中顔面ブス子さん2

手術日

2017年4月20日

ほかに迷った、カウンセリングに行った病院名 / この病院に決めた理由

はなび整形外科、シンミアン整形外科、ヴェリテクリニック、高須クリニック
症例写真がこの中で一番好みに近く、執刀医であるパク院長が耳鼻科の専門医で
鼻炎の治療も同時に行ってくれることが決め手となりました。

病院の雰囲気

フレンドリーな雰囲気です。院内は清潔感があります。
日本語ができるスタッフの方以外も親切に対応してくださります。
ソファでの待ち時間も通訳の方にお気遣いをいただきリラックスして手術に挑むことができました。

費用

予約金なし、手術費用当日レートにて35~6万(現金支払い)、薬代5,000円、割引なし
航空券はLCCで確保。往復21,510円、出発の3週間前に予約しました。
病院近くのゲストハウスに宿泊、1泊2,200円×10日で22,000円

手術前の問題点

・鼻が湾曲している
・小鼻が広がっている
・鼻根が低く鼻筋が通っていない
・軽度の鷲鼻

理想の姿

・矢印鼻でもアップノーズでもない鼻
・鼻柱は出しすぎない
・鼻筋がすっと通っている
・高い鼻に憧れている
・小鼻が小さく目立たない

カウンセリング内容

理想の写真をプリントアウトして持参しました。
写真を見せてなりたくない鼻、なりたい鼻について説明すると
パク先生が「あなたがなりたい鼻はこういう形ですね?」と
タブレットにデッサンしてくれたものがまさに理想形の鼻でした。
持参する写真は正面、斜め、横の角度違いで写真を用意することと、
なるべく同一人物の写真で揃えたほうが伝わりやすいかと思います。
・鷲鼻はかなり軽度なので削る必要はない
・鼻根から高くするのでシリコンよりゴアテックスのほうが仕上がりが自然
・顎が引っこんでいるので鼻を高くしすぎるとそれが目立ってしまう。
2~3mmのゴアテックスを挿入するのがよい。
・尾翼縮小はゴアテックスと鼻中核延長できにならなくなる人が多いので現時点でやる必要はない。
・基本料金内の耳介軟骨では足りない恐れがある。術中、耳介軟骨で足りないと判断した場合は寄贈軟骨を使用する場合もある。
(そのことについて同意をし、サインをしました。)

術前検査

韓国で検査しました。

手術中

睡眠麻酔での施術になるため術中の痛みなどはありません。
今回初めての整形手術、初めての睡眠麻酔のため緊張と不安から
手術台の上で震えていましたが通訳の方が麻酔が効き始めるまで傍にいて
肩をさすってくださったり、パク先生が「大丈夫ですよ」と日本語でお声かけ
してくださったおかげで安心して手術に挑むことができました。

術後すぐ

通訳の方曰く、「今まで見てきた患者さんの中でも1番といっていいくらい術後から腫れがすくないです」とのことで、術後すぐから腫れ・出血ともにほとんどありませんでした。
術後、回復室に通されますがその時から意識がはっきりしており、若干のフラつきがあるものの自力で歩くことができました。
回復室で30分ほど横になり(アイスマスクを渡されるので目の周りなどを冷やしながら休養します。)その後かぼちゃ粥のサービスがありました。とても美味しかったです。
ゲストハウスのオーナーさんと、ゲストハウスで仲良くなった中国人の子が様子を見に来てくれて、かぼちゃ粥だけだとお腹が空いていたのでその足で歩いて寿司屋にご飯を食べに行きました。
術後すぐは記述の通り元気でしたが、ゲストハウスに戻ったころから(退院後2~3時間)
睡眠麻酔の影響からか強烈な眠気と悪寒がありました。
ゲストハウスのオーナーさんが心配して部屋を訪ねて来てくださったのでそれを伝えると、「しっかりと麻酔が抜けるまでは寝ないほうがいい」とのことだったので、枕を高くして横になりながらテレビを観たりして、そこから3時間程経過してから就寝しました。

アフターケア

手術翌日、手術翌々日、手術翌翌々日に通院し、中に入れていた綿の除去、消毒、術後の観察をしてもらいます。これらはすべてパク院長自ら行ってくださいます。私は術後の経過も良好で腫れや出血なども特になかったため特別な措置はありませんでしたが、腫れや出血の程度により点滴や注射の処方などもあるそうなので、アフターケアは充実しているかと思われます。

抜糸

抜糸は手術当日も換算して5日後に行うと事前カウンセリングの際と術前に説明を受けましたが、なぜか6日後に行うことになりました。
抜糸もアフターケア同様パク院長が行ってくださいます。
チクチクとした感覚はありましたが耐えられないほどの痛みではありません。

その他韓国と日本の価値観の違いで生じたトラブルなど

写真を持参して説明したからか手術内容に関して価値観の違いで生じたトラブル等は特にありませんが、LINEでの対応等は人によっては馴れ馴れしいと感じる場合もあるかもしれません。韓国の整形外科はどこもLINEの対応が遅かったりずさんだったりフレンドリーすぎたりするので、これはバウムに限ったことではないと思います。

職場や学校への復帰は何日からしたか

10日間韓国に滞在し、日本に帰国してから2週間ほどで復帰しました。
術後2~3週間はまだ患部を押すと痛みがあったり、安定していない時期なので患部に衝撃が加わらないよう細心の注意を払っていましたが、職業柄相手がのしかかってきたり勢いよく顔を近づけてきたりと自分が気をつけていても防ぎきれないことが何度もあったので、同業種で心配な方は1か月程度休業したほうがいいと思います。
また、術後2週間頃友人に会いましたが何も言われず、カミングアウトしたところ
「正面から見るとわからないけれど、横から見たら気づくかもしれない。私は言われるまで気付かなかった」
と言っておりました。
鼻先に軟骨を大目に移植したため、術後すぐは皮膚組織が引っ張られてアップノーズのように見えることもあるとの術前説明どおり、この時期は鼻先が上がっており、眉間のあたりも腫れで不自然に高くなっていたことが原因かと思われますので、学生の方や昼職をされている方などはマスクをするなどして対策をすると良いかと思います。

経過

現在3か月と2週間が経過しております。
現在、大きな腫れはほとんど引いています。
術後2週間あたりは皮膚が引っ張られてアップノーズに見えたり、鼻先が赤くなっていたりしましたが皮膚組織が定着し、改善されました。
写真を見比べると、術後から腫れが少ない方ではあったものの、術後1~2か月までは徐々に腫れが引いて目に見える変化がありました。
手術直後に比べて低くなったとの意見が散見されますが、ゴアテックスは術後癒着する素材ではあるものの低くなるわけではないので、腫れで高く見えていたところが日数経過により腫れが引き、本来の高さになったことにより低くなったと感じるだけだと思います。
術後1ヶ月半頃親戚に会いましたが気づいている様子もなく(痩せた?と言われました)、術後2週間頃会った友人に術後2か月半頃に再び会いましたが、「この間会ったときに比べてかなり自然になっている」と言ってもらえました。
大きな腫れはほとんど引いている状態ですが、鼻の完成は6か月~1年といわれているのでこれからの経過が楽しみです。

手術後、現在の問題点や気になっている点

現状でおおむね満足しておりますが、小鼻の広がりがやはり気になるので尾翼縮小を検討しております。
尾翼縮小に関する意見はバウム整形外科だけでなく、他のクリニックや医院すべての医師から言われたことなので同時に手術できなかったことに関して特に不満はありません。

整形を終えて、全体を通しての感想

鼻根が低く、鼻筋が通っていないどころか存在していないといっても過言ではないほど低く、ぺちゃっとした鼻をしていましたが、鼻根から高さのあるすっとした鼻になったことにより、顔全体がすっきりして見えるようになったとおもいます。
また、術前はかなり童顔でしたが、術後は年相応に見られることも増え、それまでは「かわいい」と言われることはあっても「きれい」と言われることはありませんでしたが、初対面の方から「かわいくもあるしきれいでもある」と言っていただけるようにもなりました。
パク院長をはじめバウム整形外科の方にはとても親切にしていただき、満足のいく結果となりましたが、鼻を整形してから今までは気にならなかったところ(カウンセリングで指摘された顎の引っ込み、人中の長さ等)が出てきたので、一度整形手術をしてしまうと自分の顔に対する欲が増えていくな、と感じました。
また、腫れの引き方は個人差が多く、不安なことも多いと思いますが整形手術をするにあたって一番大事なのは「忍耐力」と「気にしすぎないこと」だと思いました。

この記事を書いた人